アポロンの日記夢日記
FC2ブログ
RSS   |   Archives   |   Log in
人類滅亡まで

あと 1000 日!! (2010年3月27日現在)

アポロンの日記へようこそ

アポロンの日記へようこそ!                            ここは中3のアポロンが毎日の出来事を伝えたりする日記です。            最近は ゲーム や バッティングセンター カラオケにはまっています 2010年もアポロンの日記を よろしくおねがいします。                              

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
現在の観覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

アポロン

Author:アポロン
アポロンです。とにかくパソコン大好き中3です。
好きな色は紫、好きな食べ物はスイ-ツとアイスよフルーツです。
下のやつをぽちっとしといてください。
FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 中学生日記ブログへ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

ランキング

暇があったらクリックおねがいします。 にほんブログ村 中学生日記ブログへ
にほんブログ村 blogram投票ボタン

ランク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

すっげぇ 夢をみた 

 
俺は いつのまにか 森の中にいた


深い深い森の中 熱帯雨林だった


空を見上げると 煙があがっていた


人がいると おもい 煙にむかって 進んだ


すると 村があった


その村の人々は 「魂を操る者」と呼ばれている


それは 人間に宿る魂を操れるから


詳しく言うと


人は生まれてくるとき 新しい魂も宿る


美しい透明な魂


しかし10年もたつと 他の魂が定着する


それは 10年で育った 新しい魂と古い何億年と生きてきた魂が


一つの身体に あるということ


新しい魂が勝ちそのまま美しい魂で生きる者は少ない


逆に古い魂にのっとられることのほうが多いという


それを利用するのが その村の人


その村の人は 必ず小さなビンを首にかけている


その中には砂が入っていて それは あの不死鳥の灰


不死鳥(フェニックス)は 自ら火の中に飛び込み その灰から幼鳥が誕生するという不死の鳥である


その村の人はほとんどが学者


しかも 天才ぞろい


それは 世界のいたるところから 天才が集まるから


なぜ 世界の端の小さな村に天才があつまってくるのか?


村人は皆同じ回答をする


「ある時 自分がやり遂げられなかったこと やり遂げなきゃいけないことが頭にふとうかぶ。そして村の名前も浮かぶんだ。そして どうしてもこの村に行かなくてはならないと思うようになる。」


それは 前世に人生の中で やり遂げられなかったことを


やり遂げるために 前世の村の人が 灰の力を借りて


メッセージを一つ 次に魂の定着するものへ 伝えるのだ


だから 前世で研究したことを来世でも続けられる


1000年以上かかって研究をしているものもいるのだ


村長が現れた


俺に 灰の入ったビンをくれた


これをもてば メッセージを来世に残すことができる


墓場にたくさんのメッセージ(記憶)を書いておいて


墓場に来い と メッセージを残せば


来世でも 記憶がよみがえるはず


魂は知っているはず やり遂げられなかったこと


記憶が完全によみがえった時


それは その人の魂を完全に消し


前世である 俺の魂が 体をのっとったことになり


俺がもう一度 生きることができる


そんな 夢を見た


俺は 何年も先の未来を何度も見ることができて


生き続けた


もちろん 体は朽ち果てていくが 魂は永遠だ




夢って こんなに 具体的だったっけ?


今回の夢は なんか すごい気がする こんなにリアルだったし


フラッシュバックして 今でも 風景がでてくるし


すごかった


昨日 テレビでやってたのちょっとみたからかな・・?


とにかく


来世にたくすのもいいけど


今世を 精一杯いきて 


何かのために 生きてきた意味を早くみつけたい


んじゃ
スポンサーサイト



 

11月9日の夢日記

 
お菓子の家の夢も終わっちゃいました・・・
そろそろこのコーナーもなくそうかなぁ・・・めんどいし・・・
と いうわけで最後の夢日記です。


アポロンは大きな大きな森の中をさまよっていました・・・

そこに一匹の狼がやってきて、「わお~ん!!」と吠えました。

するとまわりにきつねやたぬき、シカなどの森の動物達が集まってきました。

その狼は「お前はこの森を救うものだ」と言いました。

どうやらこの森は人間の森林伐採によって少しずつ小さくなっていっていて、もうじきこのあたりまでなくなってしまうようだった。

森の動物たちは悲しそうな目をして鳴いていました。

その森はきれいな池があり、木から漏れる美しい光など幻想的な雰囲気をだしていました。

そのうちに一人の魔女がやってきて言いました。「お前さんや、どうかこの子たちの森を救ってやってくれよ。わかるだろ?この森の美しさが、お前さんにはわかるだろ?」

その魔女は80歳ぐらいで肩にはハゲワシをのせていました。

そして、アポロンは森を守ることにしました。

まずは森をこれ以上切らせないようにするために作戦を考えました。

作戦は、魔女にこの森をきるとたたりがおこることを工事をする人に告げさせて、それでもきり続けるようだったら動物達で夜に工事の道具をこわしてしまう。と いうものです。

それが決まったらあとは実行!魔女は言いにいきました。

しかし、それでも森は減っていきます。その日の夜、動物達と一緒にアポロンは工事現場に行きました。

そこにはたくさんの機械がありました。その機械を全部ぶち壊しました。

それを見た工事のひとは恐れて工事をやめました。

動物達は大喜びをしました。しかし、森は今の形のままです。

そこでアポロンはみんなで木を植えることにしました。

サルやリス達に木の実を集めてもらって、大きいシカや、馬に土を耕してもらい、たぬきや鳥達には水をはこんでもらいました。狼にはここに人が来ないように見張りをしてもらいました。

しかし、すぐには森は生まれません・・・そこで、魔女は早く木が育つ薬を作りました。

その薬をすぐに木にかけると・・・

木はみるみるうちに立派になりました。こうして森を作ることに成功したアポロンは一生森で魔女の娘と結婚し、暮らすのでした・・・

おしまい。

なんだか今日は環境について考えなおすきかいになりました・・・
みなさんも地球を大切につかいましょうね!
 

11月8日の夢日記

 
今日は・・・お菓子の家で頭がいっぱいで夢が変わってしまいました。
皆さんはヘンゼルとグレーテルという童話を知っていますか?
お菓子の家にが登場する童話なんですけど・・・アポロンはヘンゼルとグレーテルと一緒にお菓子の家にいきました・・・お菓子をいっぱい食べました・・・

今日はこれだけでした・・・なんでだろう・・・
んじゃお祭りいってきまーす
 

11月7日の夢日記

 
昨日と同じ扉の話です。

派手な扉をあけました。そこはアニメの世界でみたことのあるキャラクターがいっぱいいました。
次はアンドロイドの部屋で・・・その次は恐竜の部屋、次にあけたら、そこは雲の上でした。そこに入ってみると雲の上をあるくことができて、人もいない静かな場所でいいところでした。しかし、突然雲の上から落ちました。(その時同時にアポロンはべっとから落ちたぁ・・・)
そこで目が覚めて、夢が見れなくなっちゃいました・・・あははぁ
終わり
 

11月6日の夢日記

 
今日の夢は新シリーズです。不思議な夢をみました。扉の夢です。

テレビを見ていたらドラえもんがやっていた。ドラえもんがどこでもドアを開いていた。うちになぜかどこでもドアがあってそれをあけた・・・するとそこは扉だらけの世界だった・・・
たくさんのドアがあってアポロンは宙に浮いていました。いろんな扉を開けたり閉めたりした。最初に開いた扉の向こうにはのびたの部屋があった。
次はしずかちゃんのお風呂で・・・その次はジャイアンの寝ている寝室。そして、M・Kの部屋。たぶんこれはジャイアンつながりで想像してしまったものだとおもう・・・そのあとは公園のトイレにでたりした・・・
わけわからなくてたくさんのドアを開けまくった。いつのまにか自分の入ってきたドアもわからなくなった。あるとき、ドアをあけたらそこにはナインティナインティがいた。楽屋だった。びっくりしていた。ちょっと話をしたかったからその部屋に入ってちょこっと話した。その後扉だらけの世界にもどった。

このままの状態でよくわからなくて覚えてない・・・
終わり
おすすめ動画
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
ブログパーツ

ボカロおすすめ
画面にマウスを当ててみて!